« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月31日 (日)

良いお年をお迎え下さい。

歳神様を迎える準備も整ったので、今日は朝からゆっくりしています。

今年も一年間、多くの方々にお越しいただいたことに心から感謝しています。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

それでは良いお年をお迎え下さい。

      オードリー

Dsc03945

2017年12月30日 (土)

振り返れば・・・

昨日は「静清信金・本店」に展示してあった作品を搬出に行き、ついでに年の瀬の静岡の街をブラブラしながら来年の手帳などを買い求めました。

振り返れば・・・今年は僕にとっては近年に無く慌しい年で、公私共に様々な出来事があった一年でしたが、傍で励ましてくれる人がいたおかげで、何とか乗り切ることができました。

嬉しい出来事もいくつかありました・・・まずは『花のポートレイト展』が想像以上に好評だったこと。「静清信金」のカレンダーが予定どおりできたこと。そして絵皿や画集などが年内に無事できあがったこと等です。
私的なことでは、三男夫婦に初めて授かった子(僕にとってはマゴトラマン4号)に半年振りに逢えた事でしょうか・・・長男の子供たちにとっては初めての従兄弟との対面で、みんな大喜びでした。

Dsc04533
さて、長く生きていると、「良きことも悪しきことも必ず巡ってくるのが人生」という事を悟ります。しかし良いことばかりが続くわけではなく、逆に悪いことばかりが起こる人生など無い、ということも悟るのです。そうであればどのような状況の中でも楽観的に生きるのが得策ですね。
「人生は心一つの置きどころ」・・・乃里子さんが作品の中に好んで書く言葉ですが、来年はこの言葉を座右の銘として、淡々と暮らしていきたいと思っているのです。

      人生は・・・

Dsc09663

2017年12月27日 (水)

ホテルの絵

今日も風が強く、寒い寒い一日でした。

このところ晴天が続いているので、清水からは連日美しい富士の姿を見ることができます・・・といっても、今の僕はまとまった時間が取れないので、カメラを担いで出かけることもできません。昨日も、夕日を浴びた富士を感動して眺めたのは額屋さんへ行く車の中からでした。

・・・ということで、この富士山も10日前に撮ったものです。

Dsc04873
所用があって伊豆長岡まで行ったついでに、「富士山をスケッチしたい!」と言うのでロープウェイに乗って標高452メートルの葛城山まで上りました。
この日は風が強く、ロープウェイが揺れて怖いくらいでしたが、おかげで雲は無く、厳かな富士の姿も、真っ青な駿河湾も、遠く雪を被った南アルプスまでも、すっきりと眺めることができました。

さて、この雄大な景色もさることながら、この日感動したことがもう一つありました。
この葛城山の麓にある長岡の温泉街に「サンバレー」というホテルがあるのをご存知でしょうか?そのホテルの中に入ってみて驚きました!・・・なんと、壁という壁に夥しい数の絵画が架かっているではありませんか!
フロントには加藤東一の「富士」、奥村土牛の「牡丹」、周りを見わたせば片岡球子の「富士」や「舞妓」、別の壁には鏑木清方、伊藤深水、上村松園の美人画の軸、それらが無造作に展示されています。

おったまげて見入っていると、支配人らしき方が「絵がお好きなんですね。本館・別館の廊下にも沢山かかっています。上階のラウンジには東郷青児の作品も多数ありますよ。写真もどうぞお好きに写してください」と仰ってくださいました。
お言葉に甘えて各階の廊下を歩きながら、気に入った作品だけをカメラに収めましたが、帰宅して確かめてみると180枚もありました。

今もオーナーが月に一度来ては絵を替えていくそうです。とにかく一見の価値がありますから、絵のお好きな方は是非訪ねてみて下さい。もちろんお湯も最高ですよ。

       薔薇

Dsc04406

2017年12月22日 (金)

今年最後の・・・

今日からの三日間は、今年最後の開廊となります。

ギャラリーの展示をご覧下さい。

ちょっとだけクリスマスの雰囲気を・・・

Dsc04908
今朝の散歩の折、表具屋さんに立ち寄ったら、白侘助の枝を切って下さいました。帰宅してさっそく活けてギャラリーの隅に・・・

Dsc04911
Hさん作ステンドグラスの青い光がきれいです・・・

Dsc04916
Dsc04917
さて今日は昼の時間が最も短い「冬至」です。
寒さはさらに厳しさを増しますが、明日からは日脚が日一日と伸びていくわけです。そう考えると何だかワクワクしますねぇ・・・今夜は皆さん「柚子湯」を楽しみましょう!

         柚子図

Dsc04297

2017年12月15日 (金)

オリジナル絵皿 春

お待たせしました!
オリジナル絵皿の「春」バージョンができあがりました!

春の絵柄は「桜」と「梅」の二種です。何を描こうかと色々迷っていたようですが、やはり王道の柄に落ち着いたようです。
これで四季の絵皿8枚が揃いました。

今回使った色はピンクと金の2色。
色もデザインも、初春に相応しく賑やかでお目出度いものになりました。

       春「桜」

Dsc04665
       春「梅」

Dsc04667
本日からギャラリーに展示しています。

春夏秋冬8枚揃いましたので、他の季節の絵皿もあわせて、もう一度ご覧いただきたいと思います。

       夏「朝顔」

Dsc01685
       夏「紫陽花」

Dsc01684
       秋「黄花コスモス」

Dsc04669
       秋「金木犀」

Dsc04672
       冬「南天」

Dsc02631
       冬「椿」

Dsc02632
サイズは全て直径19.6cmです。

価格は
一枚1,800円です。

郵送ご希望の方は、下記に電話かメールでお願いします。
ご注文いただく場合は、郵便番号・住所・お名前・電話番号の他、8種のうちのどの絵柄かご指定下さい。

電話番号:054-346-6444(ぎゃらりぃ金木犀)

メールアドレス:maruhana-srz@moon.tnc.ne.jp

2017年12月10日 (日)

皇居の紅葉

今朝の散歩の途中、玉泉寺から見た富士山です。

Dsc04657
すっきり晴れて雲もかかっておらず面白みのない姿ですが、冷たくなった空気の中に立つこの時期の富士を遠めに眺めると、なんだか街まで清澄に見えてくるから不思議です。

今週は絵葉書を買いに来られるお客さまが多かったですねぇ、、、しかも皆さん「富士山」の絵柄のものを多く選ばれます。今朝来られた方は「年賀状に使うので、、、」と仰って、どっさり持って帰られました。

さて、今朝テレビを見ていたら、皇居乾通りが昨日から一般公開され、人々が行列を作って紅葉を楽しんでいた、とニュースが流れていました。
先月の後半に野暮用があって東京に行った際、ホテルが皇居の傍だったので、窓から一枚撮ってきました。
20171122_065648_hdr
翌朝、時間があったので「東御苑」の見学をしてきました。

その時すでに「二の丸庭園」の木々は紅葉しており、「百人番所」や「富士見多聞」を覗きながら、皇居ならではのとても心豊かな散歩をすることができました。
朝方まで腰を痛めていたのに、いつの間にか治っていたのは不思議?やはりここはパワースポットだ!と思ったものでした(^^)

       ダンス

Dsc03591_2

2017年12月 7日 (木)

クリスマス飾り

先月は半ば頃からスケジュールがぎっしりと埋まり、休みも無く気持ちの余裕も無い日々を過してしまったので、今月の初めはギャラリーをお休みにし、西の方面に旅をしてきました。

その旅の話しはまたの機会にするとして、、、12月といえば、ここ数年恒例となったMさん宅のクリスマスデコレーションの見物です!
今年もお誘いいただいたので、図々しくおじゃましました。

Mさんは多才な人で、趣味も多く好奇心も旺盛な方ですが、中でも「キルト」の腕前は見事なものなのです。その技術を生かし、クリスマス飾りも自作のものが中心ですが、今までに集めた飾り物もとても趣味がよいのです。それらが、玄関や居間の壁、階段の踊り場など家のあちこちに品よく飾られています。
その一部をご覧いただきましょう!

20171207
クリスマスモード一色のMさん宅でしばらく過し、その後お姉さんも交えて、これも恒例の「へそまがり・まるはん」での鰻の昼食・・・相変わらず絶品でした!
実は本日、僕達の結婚記念日でして、、、もう何十年も昔の話なので、最近ではうっかり忘れて過ぎることもあったのですが、偶然にも今回は印象深い記念日となりました(*^-^)

         薔薇

Dsc04407

2017年12月 1日 (金)

2018年 静清信金カレンダー

昨日フェルケール博物館から作品を搬出したかと思えば、明けて今日は展示のため2箇所へ絵を運びました。

そのどちらも「静清信用金庫」なのですが、一箇所は清水区の「渋川支店」、ここは夏から既に5回目の展示替えです。

Dsc04420
そしてもう1箇所は葵区にある「本店」です。

Dsc04416
静清信金さんとは何だかご縁があって、こうしてロビーへの展示を依頼されたりしているのですが、実は来年のカレンダーに青木乃里子の作品を採用していただき、それもあって今回は本店でのロビー展と相成ったわけです。

毎年APJから発売されている「青木乃里子壁掛カレンダー」もご好評いただいておりますが、この静清信金カレンダーが中々の出来栄えなのです!来年は地元の多くのご家庭にこのカレンダーがかけられ、沢山の”福”が舞い込む事を願っています。

       2018 カレンダー 『心に花を

Dsc04425

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

最近の写真

  • Dsc05792
  • Dsc05844
  • Dsc05765
  • Dsc00431
  • Dsc01324
  • Dsc05742
  • Dsc05713
  • Dsc05720
  • Dsc05715
  • Dsc05696